銭の勘定より人の感情?

銭の勘定より人の感情?

生活・ビジネス 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、日常の生活とビジネスに役立つ経済・金融・証券・環境・時事などの基礎知識や専門用語を出来る限り平易に解説をすることに努めた豆々小事典です。
これから社会人になる学生さん、また新聞や本を読むときのお供としてご活用して頂ければ幸いです。
スポンサードリンク
HOME>>管理人の小部屋>>銭の勘定より人の感情?

銭の勘定より人の感情?
「銭の勘定より人の感情?」
銭の勘定って大切ですよね。
いくら綺麗ごとを言ったところでお金は必要で大切なものです。


ただ銭の勘定ばかりしていると、人の感情を損ねて結局お金を失うことになる。
人間というものは、最終的に、損得勘定ではなく感情で物事を判断するのです。


昔、僕は仕事の取引で、一度だけ大失敗をしました。
どう考えても取引先にも滅茶苦茶よい話なのに断られました。


当時の僕は、一生懸命に銭勘定に励んでいましたのでその理由がよく理解出来ませんでした。
その後、暫らくしてからその取引先の方とお会いする機会があり、その断られた話が出た時に理由がハッキリしました。
どうもその時に僕が、取引先の担当者に対して「御社にも滅茶苦茶よい話」というのを強調しすぎて、その担当者の感情を損ねていたそうです。


考えてみたら、資料等をみれば誰にでも「滅茶苦茶よい話」であることが、理解できるものをことさら強調して言うことはなかったのです。
確かに「ムッ」として当然ですね!


僕は、この事件?をきっかけに一つ学びました。
交渉や議論の場において、正しいことを言っても、相手の感情を損ねたらすべて水の泡になる。


これは「正しいこと・・・つまり相手が納得する以外に選択肢がない正論・・・をぶつけると相手は感情を損ねてしまう。」という事です。


これがデジタルなコンピュータ相手なら銭の勘定だけで納得して貰えるのでしょうが、アナログな人間が相手の場合はそれだけではダメなのです。


これはを僕は、「アナログのジレンマ」と呼んでいます。 
スポンサードリンク スポンサードリンク

管理人のひとり言


不常識で非まじめ!とは・・・ 知識と知恵って・・・ 能力を生かすには・・・
銭の勘定より人の感情? 年配者って有り難い? 天国と地獄の差は・・・「紙一重」
スポンサードリンク
『管理人のひとり言』に関する注意:
タイトルの通り管理人が考えたり、日々の生活やビジネスで思う事や考えた事を綴った管理人自身の経験による
独断と偏見によるコラムです。
お役には立ちませんので、お忙しい方優秀な方は読まないで下さい。 


豆々小事典 カテゴリー別メニュー一覧


スポンサードリンク
経 済 / 経 営 証 券 / 投 資 金 融
会 計 政 治 法 律
環 境 時 事 一 般 / そ の 他
お役立ちリンク集 付録1:ビジネスマナー集 管理人の小部屋

サイト内検索 powered by Google


このページのトップへ戻る
Copyright (C)不常識で非まじめな?生活・ビジネス 豆々小事典All Rights Reserved