大量生産方式

大量生産方式

生活・ビジネス 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、日常の生活とビジネスに役立つ経済・金融・証券・環境・時事などの基礎知識や専門用語を出来る限り平易に解説をすることに努めた豆々小事典です。
これから社会人になる学生さん、また新聞や本を読むときのお供としてご活用して頂ければ幸いです。
スポンサードリンク
HOME>>経済/経営>>大量生産方式

大量生産方式
少種類あるいは単種類多量の見込生産方式。
20世紀初頭、アメリカ自動車産業でフォード(H. Ford)により導入されたコンベア生産方式がはじまりである。


第1次大戦と1920年代の設備投資のなかで急速に普及した。これによって単位商品の製造費用は著しく低下する一方、設備体系が巨大化し資本構成の高度化・必要最低資本量の巨大化が進んだ。
また、大量生産が必然的に大量消費・大量廃棄を生み出すためゴミ処理など環境問題の深刻化を招いた。


是非、お役立て下さい!

スポンサードリンク スポンサードリンク


豆々小事典 カテゴリー別メニュー一覧


スポンサードリンク
経 済 / 経 営 証 券 / 投 資 金 融
会 計 政 治 法 律
環 境 時 事 一 般 / そ の 他
お役立ちリンク集 付録1:ビジネスマナー集 管理人の小部屋

サイト内検索 powered by Google


Copyright (C)不常識で非まじめな?生活・ビジネス 豆々小事典All Rights Reserved