受命・報告のマナー

受命・報告のマナー

生活・ビジネス 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、日常の生活とビジネスに役立つ経済・金融・証券・環境・時事などの基礎知識や専門用語を出来る限り平易に解説をすることに努めた豆々小事典です。
これから社会人になる学生さん、また新聞や本を読むときのお供としてご活用して頂ければ幸いです。
スポンサードリンク
HOME>>付録:ビジネスマナー集>>受命・報告のマナー

受命・報告のマナー
【受命】
上司から仕事の指示等で呼ばれ場合は、必ずメモの取る準備をします。
指示された内容が複雑な場合は5W1Hを使って指示の内容を明確にします。
説明を受けたら要点を復唱して、上司に間違いがないかを確認します。


【報告】
指示を受けた仕事が完成した時は、催促される前に、すぐに報告しましょう。
仕事の結果の如何に関わらず、報告のない仕事は完了したとは認められません。
報告は指示を出した人、依頼した人に直接行います。

【中間報告を積極的】
中間報告はできるだけ頻繁に行い、進行状況・見通しなどを上司に知らせましょう。
中間報告をコマメにやると仕事の流れがスムーズになります。
上司は結果は勿論のこと、常に仕事の進捗状況を把握して於かなければなりません。
仕事が予定より長くかかる場合や予定通りにいかない場合は、早めに経過報告をすることで上司に助けてもらうことも可能です。


【報告は結論 ⇒ 理由 ⇒ 経過の順番に!】
指示者の求める情報は「出来た」・「出来なかったのか」だけです。
これを先に言わないで理由や経過を長々と説明すると、忙しい相手を苛立たせるだけです。
複雑な案件や記録に残す必要のあるものは、報告書を作成したり資料を添えると相手の理解が容易になります。


※5W1Hとは?
なぜ(Why)・何を(What)・誰が(Who)・どこで(Where)・いつ(When)・どのようにして(How)といった要素のこと。



是非、お役立て下さい!

スポンサードリンク スポンサードリンク


豆々小事典 カテゴリー別メニュー一覧


スポンサードリンク
経 済 / 経 営 証 券 / 投 資 金 融
会 計 政 治 法 律
環 境 時 事 一 般 / そ の 他
お役立ちリンク集 付録1:ビジネスマナー集 管理人の小部屋

サイト内検索 powered by Google


Copyright (C)不常識で非まじめな?生活・ビジネス 豆々小事典All Rights Reserved