電話のマナー

電話のマナー

生活・ビジネス 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、日常の生活とビジネスに役立つ経済・金融・証券・環境・時事などの基礎知識や専門用語を出来る限り平易に解説をすることに努めた豆々小事典です。
これから社会人になる学生さん、また新聞や本を読むときのお供としてご活用して頂ければ幸いです。
スポンサードリンク
HOME>>付録:ビジネスマナー集>>電話のマナー

電話のマナー
【電話での言葉遣い】
@「もしもし」
よく電話を受けたときに、「もしもし」と名のる人がいますが、「もしもし」は呼びかけの言葉ですから、受ける第一声の言葉としては可笑しいのです。
「はい」と軽く言って、ちょっと間を置いて「○○でございます」というと「○○」がはっきりと相手の耳に残ります。


A「ちょっと」
電話応対の中で「ちょっと」という言葉を使うと、相手に軽く扱われたような失礼な印象を与えます。
「あっち」・「ちょっと」・「待って」なども同様です。
そういう場合は、「少々」・「しばらく」・「少し」などを使いましょう。


B「お名前は?」
先方の名前を尋ねたり確認する時に、「お名前は?」と尋問口調で言うのは適切では有りません。
「失礼ですが、どちら様でいらっしゃいますか?」と、はっきりと言い切ることが大切です。


C身内に敬称はつけない
「○○部長はいらっしゃいますか?」と問われて、「はい、○○部長はいらっしゃいます」などと、返事をしてしまう人がいます。
たとえ、上司や社長であっても、社外に対しては身内ですから、敬語・敬称を省いた言葉遣いが正しいのです。
「はい、部長の○○でございますね。居りますので少々お待ち下さい」などと答えます。


是非、お役立て下さい!

スポンサードリンク スポンサードリンク


豆々小事典 カテゴリー別メニュー一覧


スポンサードリンク
経 済 / 経 営 証 券 / 投 資 金 融
会 計 政 治 法 律
環 境 時 事 一 般 / そ の 他
お役立ちリンク集 付録1:ビジネスマナー集 管理人の小部屋

サイト内検索 powered by Google


Copyright (C)不常識で非まじめな?生活・ビジネス 豆々小事典All Rights Reserved