宇宙船地球号

宇宙船地球号

生活・ビジネス 豆々小事典
≪当サイトの主旨≫
当サイトでは、日常の生活とビジネスに役立つ経済・金融・証券・環境・時事などの基礎知識や専門用語を出来る限り平易に解説をすることに努めた豆々小事典です。
これから社会人になる学生さん、また新聞や本を読むときのお供としてご活用して頂ければ幸いです。
スポンサードリンク
HOME>>環境>>宇宙船地球号

宇宙船地球号
アメリカの経済学者であり社会哲学者であるボールディング(K. E. Boulding)が1966年3月8日にワシントンで開かれた成長経済における環境の質に関する未来資源研究所の第6回公開討論会で発表した論文「来るべき宇宙船地球号の経済学」(“The Economics of the Coming Spaceship Earth”)が由来。

論文では、地球を無限な貯蔵所をもたない1つの宇宙船にたとえている。
そこで必要な経済は、「物質形態の連続的な再生産能力をもつ循環的な生態システムと調和したものである」と主張している。


是非、お役立て下さい!

スポンサードリンク スポンサードリンク


豆々小事典 カテゴリー別メニュー一覧


スポンサードリンク
経 済 / 経 営 証 券 / 投 資 金 融
会 計 政 治 法 律
環 境 時 事 一 般 / そ の 他
お役立ちリンク集 付録1:ビジネスマナー集 管理人の小部屋

サイト内検索 powered by Google


Copyright (C)不常識で非まじめな?生活・ビジネス 豆々小事典All Rights Reserved